最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ
呆れたとしか言いようがない。
今までの裁判の経緯、準備書面から、瑕疵の焦点は聚楽壁と珪藻リフォームのことである。いかに「聚楽壁」の部分につき箇条書きでまとめる。
【左官屋の証言】
・初めに聚楽壁での注文は受けた。
・古い壁には適さないので珪藻リフォームを提案した。
・I氏からそれでお願いしますということで、カタログを見せ色を決定した。
・注文に従って材料を取り寄せ施工した。
・アルクの指示で施工したものであり、勝手に左官屋が塗ったものではない。
・もし、アルクくらいのリフォーム会社の社員であれば、塗っているとき注文以外のものが塗られているのであれば、それに全く気が付かないとは常識的に考えられない。まして聚楽壁はざらざらとして珪藻リフォームはのっぺりしている。気が付かないというレベルのものではない。

【アルク社員I氏の証言】
・施主の注文で聚楽壁を塗ってほしいと左官屋に行った。
・左官屋からは古壁に聚楽壁は向かないから違うものを勧められた。
 それでお願いするといった。
 それが聚楽壁とどう違うかわからなかった。
・カタログページも見たが、それが聚楽壁のページだと思っていた。
・施工しているときも10数回壁を目にしているが、それを聚楽壁とずっと思っていた。
 珪藻リフォームが塗られているとは全く気が付かなかった。
・聚楽壁と珪藻リフォームの違いはきちんと分かる。でも気が付かなかった。
・光線の関係などこの家の壁の区別はつかなかった。いつもちゃんと見ていなかった。
・裁判の中で私に証拠を突き付けられ、はじめて聚楽壁でないと気付いた。
・カタログに「この色で。」と指定して丸を付けたが、それがどんなページだったか記憶にない。

【私からI氏への質問】
・ジュラックスと仕様書に記載があるのに、請求書はジュラックスAのままで請求されている。3倍くらい値段が違うのに、それは水増し請求ではないか。なおかつジュラックスCでもなく、珪藻リフォームを塗っていて悪質極まりないではないか。
。数度におよび、壁の塗りなおしを要求して何度も壁を見ているにも関わらず、ちゃんと見ていなかったという証言はおかしい。手で触っても見ていたのに、気が付かないというのもおかしい。

証人尋問は1時から5時まで4時間にわたって行われたのだが、I氏の証言はどれもあきれるほど信ぴょう性がなく、はっきり言って偽証であると思った。
常務のT氏も我が家に来た時「聚楽壁が塗られていない。」と主張すると、「これは聚楽だ!」と怒鳴りつけていたくらいだから、アルクの社員は、壁の素材、特製については無知だということなのかもしれない。
内装が出発点の会社なのに・・・これがアルクの実態である。


[PR]
# by 20170721ikusa | 2018-09-08 07:04 | Comments(0)

9月7日は証人尋問

豪雨、台風、地震と次々と日本に襲い掛かる災害に心が痛む毎日です。被害にあわれた方々が早く日常を取り戻せますよう、自分でできることを微力ながら支援していきたいと考えています。

さて、長いこと、ブログを放置してしまいました。自分の体調、精密検査、身内の入退院、転所、ペットの介護などなど私事に翻弄され、ブログをアップする気力がありませんでした。おいおい、休んでいた間も裁判があり、準備書面なども交わされておりますのでアップしていきたいと思います。

実は、明日は証人尋問2回目です。
平成30年9月7日13:00より弘前簡易裁判所第号法廷にて行われます。
もちろん、傍聴は自由です。

1回目は、8月24日にも証人尋問がありました。アルクで働いていた大工さんと、私側の証人になってくださった工務店の社長さんのお二人です。施工について詳しく尋問がありました。

今回は、左官屋さんと、アルクの現場監督の社員と、私の3人です。
時間はおよそ3時間を予定しています。アルクの社員の生の声が聴けるのは、リフォームを考えている人には参考になるのではないでしょうか。これから準備書面を熟読して、明日に備えたいと考えています。


[PR]
# by 20170721ikusa | 2018-09-06 21:15 | Comments(0)
ちょうど通勤通学時間帯に、大阪の直下型地震があり、9歳のお子さんをはじめとして犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、関西地方の被災された皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ、余震も続く中、ライフラインも遮断され不安との闘いで夜を迎えられたことと存じます。
a0366823_20241883.jpg

一日も早く、日常を取り戻されますことを祈念いたします。
関西には苦しい時期を一緒に歩んだ友人も多く、地震が起きたことを知ってから、終日気が気ではありませんでしたが、先ほど全員の安全確認ができほっとしているところです。一瞬で壊された日常から、元に戻るのはとても険しい道です。どうか心を強くして頑張ってください。


[PR]
# by 20170721ikusa | 2018-06-18 20:37 | Comments(0)
今日、ブログマイページを見たらアクセス数が500くらいでした。
昨日は裁判法律部門で1位、東北部門で9位でした。たくさんの方々が、記事をお読みくださり感謝いたします。
本当にありがとうございます。
公私ともに今現在非常に忙しく、記事を書く暇がなく更新も滞りがちだったのに、大体毎日200件くらいのアクセスがあったのですが、昨日は非常に多いアクセス数でした。
今は、なんでもググる時代ですし、やっぱり評判を調べるのはとても大事です。
このブログが、情報の一助になれば幸いです。
私は、このブログ記事すべてを、次の証拠品として提出する予定です。
ですから、真実しか書いていません。
責任ある文章を書くために、私はここ以外に情報は掲載していません。
裁判官もこのブログの存在は知っていますし、ランキングのことなども裁判中の審理の中で出てきます。
匿名で書いている口コミや、掲示板などは証拠として裁判所は扱ってくれません。
従って、もし本当に世の中に情報を伝えたいと思うのならば、覚悟して面と向かって立ち向かうしかないのです。
匿名は匿名にしかすぎないからです。
また、この裁判の情報が欲しければ、証紙代金さえ払えば、裁判所に行けば、だれでも記録を閲覧することはできます。メモや記録をとることはできませんがすべてみることができます。



[PR]
# by 20170721ikusa | 2018-06-17 12:33 | Comments(3)
6月20日にやっと、我が家に、リフォームの状況を見に裁判官と書記官が訪問することになった。一応、あちらの代理人弁護士と、常務のT氏と、担当者で現場監督だったI氏も同行するそうだ。
もっともっと、早く来てほしかった。
最初の裁判でこちらの反訴状が出た段階くらいで来てほしかった。
現場を保持しなくてはならないため、1年数か月、手をつけることができないでいる。2階のベランダはゆがんだまま開かないので、昨年の夏は窓を開けることすらできなくて非常に困った。
a0366823_15383223.jpg

これから、証人尋問があり、判決を待ち、判決によっては控訴になることも考えられる。そうなるといつ再リフォームを開始できるのかわからない。
日本の司法制度をとやかく言うことはいまさら虚無ではあるが、どんな裁判も時間がかかりすぎる。しかし証拠の状況確認は、裁判当初から「いくいく。」とは言っていたのでもっと早い時期に実現するものと思っていた。
この時間経過は残念であるとしか言いようがないが、来ないよりも来て見てもらったほうがアルクの施工のひどさを裁判官も実感できると思う。それは大事なことである。
次回の裁判は7月11日。証人尋問は8月24日である。
それまでに陳述書や、準備書面を作成しなくてはならない。
私が証拠申請する方々にも陳述書を書いていただくことになる。
裁判にご協力していただく方々のためにも、しっかりと主張を整理し、次回裁判や証人尋問に臨みたいと思う。まずは相手方の陳述書が出てきたら、十分分析して、だまし続け、証拠を突き付けられるまでごまかし続けたところは、しっかりと尋問できるようにしたいと思う。
証人尋問は公開である。アルクの実態を知りたい方は、傍聴して是非判断してもらいたい。おそらく、証人尋問までくることはあまりないであろう。これは良い機会である。
前にも書いたが、リフォーム詐欺での刑事告訴も視野に入れている。
聚楽壁ではないのに、「聚楽壁を塗った。」とこちらが「ケイソウリフォームを塗った」という証拠を突き付けるまで強弁し言い張るどころか、それはすべて左官屋が勝手にやったと罪を擦り付けてみたり、床が腐っているとだましてカーペットをはぎ、めちゃくちゃな施工をしたり、家具を壊したり悪質極まりない。そして謝罪の一つもない。
和解に同意しなかったのは、社会悪の追及である。
相手が絶対合意しないような条件を出してみたときに、本質がわかると友人の弁護士の方が話していた。まさにアルクの正体見たりである。
20日はどんな顔をして、アルクの2人は我が家の敷居をまたぐのであろうか。
しっかり見極めたいと思う。




[PR]
# by 20170721ikusa | 2018-06-16 15:48 | Comments(2)

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita