最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

アルクのリフォーム相談会とサマーキャンペーン

今週末、アルクではリフォーム相談会をするそうだ。
でも、行くのならば、ぜひボイスリコーダー持参をお勧めする。
私は、今頃の時期からアルクのHPにあったサマーキャンペーンの記事を見てアルクにリフォームを頼んだ。
アルクの今までやっていたリフォームのサマーキャンペーンと、このリフォーム相談会が同じ事業を表すものかそれは定かではないが、アルクのHP上からサマーキャンペーンが削除されてしまっているから、おそらくそうなのであろう。そうなのであれば、ぜひこの記事をしっかり読んでほしい。さらなる犠牲者を出さないためにも。
a0366823_05464022.jpg
私は、8・31までにご成約ならば
〇畳の張替えー5000円が4000円に
〇襖の張替えー5000円が4000円に
値引きになるというアルクのリフォームサマーキャンペーンの記事を見て、施工を依頼した。
しかし、はっきり言っておく。値引きではない。
私の場合、その安価以下の粗悪工事、粗悪材料を用いるに過ぎなかった。
担当のI氏や常務のT氏はさかんに「今頼むとお得ですからね。」を繰り返し言っていた。しかしお得なことなど一つもなかった。
畳は24枚すべての両端10cmが黄変した最悪の劣化畳表を敷かれた。床はガタガタである。
a0366823_05472806.jpg
襖は、最低価格の襖をきちんとしたふすま張りではなく、周りをカッターで切り取ってべたりと張り付けた最悪の施工だった。襖紙の周りが5ミリほど空いてしまい、前の繊維がはみ出ている。
a0366823_05481347.jpg

アルクの「お得」を信じてはいけない。
リフォーム相談会に行く人は「どうお得なのか」しっかりと聞くべきであるし、証拠もしっかりと保管しておくべきである。
相談しているとき、アルクは私に「安いのは劣化した畳表をつかう。」などとは一言も言わなかった。
しかし、張り替えられて、その点を指摘した時、常務のT氏は「安いんだから仕方ないだろう。」と大声で恫喝した。絶対に許せない行為である。
襖に至っては、建具の無知をもさらし「お宅の襖は板張りふすまだからこうなる。」とまであきれるような説明をした。我が家の襖は骨張りであり、板張りではないにもかかわらずいくらでも施工の悪さを正当化しようとした。この辺は、次の裁判のとき、陳述書を提出しなければならないから再度しっかり記述する。
壁はこっちから証拠を突き付けられるまで、聚楽壁を塗っていないのに「これは聚楽だ。」と強弁し続けた。見た目も手触りも全く違うのにである。
床は腐食していないのに、腐食しているとだまして、全面を張替えたが、その施工たるや惨憺たるものだった。
これらはすべて事実であり、前の記事を読み返してほしい。
これらの知識を入れたうえで、ぜひ出かけてほしい。納得したならば依頼すればいいだろうし、不安ならばここの記事を全部プリントアウトして持っていけばよい。裁判資料は本物である。この間の裁判で、向こうの代理人からアルクは反省して社員全員真摯に仕事に取り組んでいる、こういうことは二度しないようにしているとか言っていたが、そんなに簡単に会社の体質は変わるものではない。ほんとうかどうか、相談会にでかけてみるのもいいだろう。相談するならば、複数社見積もってもらうことが大事である。少なくとも我が家に見る限り、リフォームスキルは最低であると評価する。


[PR]
by 20170721ikusa | 2018-06-15 05:53 | Comments(0)

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita