最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

和解は決裂

1か月以上もブログを更新していませんでしたが、アクセス解析をみたらアクセス数も、またブログランキング順位もあまり落ちていませんでした。
こんなに放置していたのに日々、気にかけ見ていてくださる方々がいたことに、心より感謝いたしたします。記事をアップできなかったのは、和解調停が入っていたこともあるのですが、プライベートが激務で体調が思わしくないこともありました。
タイトル通り、和解調停があったのですが、和解は決裂しました。今後の裁判は、審理が進みます。まず、裁判所が当宅を訪問し、証拠との突合せを行います。それから、証拠申請して証人を要請します。
アルク側は、担当者の現場監督社員と、常務、施工者を申請するようです。私のほうも数名、証人を要請することになります。
裁判は公開ですから、証人が確定し、証人尋問が行われるときは、前もって日程をお知らせします。傍聴したい方はご覧になられるとよろしいかと思います。アルクは非公開を希望するかもしれませんが、それは通らないと思います。司法の原理に反するからです。
おそらく、アルクは裁判では和解せず、ここまでいくのはなかなかないことでしょう。私は、アルクの実態を公開するいいチャンスだと思っています。
私にとって、裁判所の訪問をもっと早くしてほしかったのが本音です。アルクがリフォームしてから2年近くがたとうとしています。状態もどんどん変化していきます。また、ここまで不自由を感じながら証拠保全をするために不具合に手をつけられないのもすごいストレスでした。
日本の司法の在り方も、非常に問題であると思います。長期的な裁判は、被害者にとって不利益になることのほうが多いからです。まずは、証拠申請に向けて、陳述書作成など、全力を傾けていきたいと思います。
今後とも、応援よろしくお願いいたします。

[PR]
by 20170721ikusa | 2018-05-27 11:32 | Comments(0)

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita