人気ブログランキング |

最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

4月9日に向けて

まず先に、体調を崩して、記事に間が開いてしまいました。
訪問してくださった皆様申し訳ございません。

さて、次回の裁判は4月9日16:00から第3号法廷である。
アルクは、ここのブログの公開が面白くないようであるが、裁判の最初に、準備書面でSNSでの公開は宣言しているし、平成28年11月7日の話し合いでも、私はSNSの公開を予告している。
a0366823_07020647.jpg

アルクの誠意ある対応が見られないときには、必ず公開すると。案の定、アルクは慰謝料や、発生している余分な家賃の支払い、他工務店での施工費の支払い等のことを約束しながら文書化して送ってくることはなかった。
送られてきたのは請求書と訴状である。
以下に、アルクが提案してきた工程表を添付する。
アルクはできもしない工程での、壁や、ふすまや、畳や床の再工事を提案してきているのがよくわかると思う。1か月以上かかってできなかったものを5日でやるというのである。
a0366823_07021680.jpg

台所のコーキングなど、5mmから1cmも、壁との間の隙間があるというのに、コーキングをのっこりと塗りこむということだろうか。勘弁してもらいたい。
まあ、やるだろう。そういった工事の箇所は多々ある。階段なんて最たるものである。
それで、アルクはこの時は残金をそのまま掲載した請求書をだしてきた。
そんなもんでごまかし、「だけれどもお金はいただきます。」ってところだろうか。

4月9日には、裁判所から、今までの裁判の流れから今後どう展開するかの立案が出されることになっている。それをもとに、裁判は大きく動いてくるだろう。
私も、準備書面を4月2日まで提出しなくてはならない。
裁判に、しっかりと裏付けされた主張ができるように頑張りたい。


by 20170721ikusa | 2018-03-28 07:12

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita