人気ブログランキング |

最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

反訴状

残金から40万円ほどを工事不備分として差し引いた額をアルクは要求してきたが、答弁書の中でも述べた通り、残金どころか、それ以上の被害を私は被っている。
従って、損害を取り戻すべく、反訴した。

【反訴状】

請負代金請求反訴事件

訴訟物総額  (金額略)

貼用印紙額  1,000円 

本訴の事件番号平成29年(ワ)56

請求の趣旨

 反訴被告は,反訴原告に対し

契約解除に伴う着手金返済 金額略

再工事に伴う損害賠償金  金額略

慰謝料          金額略

合計           金額略

およびこれに対する平成28108日より右完済に至るまで年5分の割合による金員並びに慰謝料を支払え。

訴訟費用は反訴被告の負担とする。

との判決を求める。

請求の原因

1.反訴被告は平成28107日をもって工事の完了並びに引き渡しを行うと契約したが,履行されず大幅に工事は遅れた。それに従い,2か月にわたり無駄な家賃,電気料,水道料,ガス代などが発生してしまった。

それを弁済すると言いながら履行する気配もない。よって契約違反であるので契約を解除する。よって残金の支払い義務はない。また,着手金の返還も求める。

2.そればかりか,本事件の答弁書にもある通り,やられた工事はすべていい加減なものであり,その不備は反訴被告も認めるところである。

なおかつ依頼もしない工事を行い,反訴原告の家屋にリフォームどころか,多大なる被害をもたらした。反訴被告は,ほかの業者による不備な点の再工事を認めており,再工事にかかわる諸経費を負担する義務がある。

3.よって反訴原告は反訴被告に対し次の金員の支払いを求める。

(1)工事遅延による被害金(以下金額は略する)

   ①借家家賃 2か月分

   ②水道料 2か月分

   ③電気代  11月分

         12月分

   ④ガス代  2か月分

(2)再工事ならびに依頼しない工事による家屋の損害賠償

   ①ベランダ危険防止のための仮工事費(施工業者請求額)   

   ②工事不備による再工事費用(他社による見積金額)     

   ③家具や食器生活用品移転に伴う費用(他社による見積金額)

(3)再工事にともなう転居並びに諸費用

   ①借家借用代 (1か月分)

   ②ペット預かり代 (ペットホテル代)

(4)慰謝料

   工事不備並びに転居にかかわる様々な心労・経済的負担・公的手続きの煩わしさ等に伴う精神的苦痛に対し,平成28年11月4日の話し合いの中で反訴被告は慰謝料の支払いを約束している。

従って,平成28108日から,上記完済に至るまでの分を一日1万円とし支払え。




by 20170721ikusa | 2018-03-08 20:50

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita