最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

アルクからの第1準備書面

わずか、A4が1枚。たった10行の書面である。これに、アルクは1か月半かけて出してきた。

【第1準備書面】
第1 答弁書第3「私の言い分」に対する認否
1.被告が平成29年11月27日に現在の建物に転居したこと、及び原告が「あるならば1000万円で家が建つ。」といった旨のテレビCMを出していたことは認める。その余の原告工事対応に対する主張は、認否ないし争う。
2.被告は答弁書8頁各記載の損害賠償請求をするとのことであり、その余の主張に対する認否・反論は、当該請求手続きを待って一括して行う。

第2原告の反論
なお、本訴訟は工事の完了した部分のうち。被告から工事の不備を指摘されていなかった部分に限定して残工事代金を請求しているものである。
以上
次の記事で反訴状をアップする。


by 20170721ikusa | 2018-03-08 05:16 | Comments(0)

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita