人気ブログランキング |

最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

次回までにすべきこと

裁判官から、私へも書面の提出を求められた。
施工不良箇所の見取り図を、項目ごとに提出し、それぞれにさらに詳細な写真を付け加えることである。
裁判所が入る前にさらに詳細な証拠としてあげたほうが良いということであった。
また、破損された物品ごとの施工費・単価などを詳細に提示することである。
賠償額に具体性を持たせるためである。

そこで昨日、様々な業者の方にお願いして実物を見ていただいて見積もりを出していただくように手配した。
朝からひっきりなしにいろいろな業者の方々が、自宅を訪れてご協力してくださった。

襖や衣裄、ケヤキの茶箪笥を見てくださった建具屋さんは、あきれていた。
左官屋が汚してしまって張替えを余儀なくされた襖は、もともとは科布という1枚25000円以上の最高級の襖である。

それなのに貼られたのは単価600円の最も粗悪なふすま紙である。4枚で10万円のものを2500円足らずでアルクは済ませたのだ。
これも弁償してもらってしかるべきではないかという話だった。
全くだ。そうしよう。
業者が来るたびに、説明を繰り返しそのたびに腹が立つ。
早く準備書面4を仕上げて一刻も早く裁判を終わらせたい。
この忌々しい、最悪リフォームに囲まれて暮らすこと自体毎日ストレスである。

次回裁判は3月7日13:30~第3号法廷である。


by 20170721ikusa | 2018-02-04 01:15

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita