人気ブログランキング |

最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

陳述書2-アルクについて聞いたこと

3    陳述書で述べたことの続きです。
・システムキッチン・洗面台・ユニットバスについて

      アルクが最初に見積もりに来た時,システムキッチンや洗面台は「展示室の・・・にある,・・・あれが当てはまるだろう。」という会話をT氏とI氏がしていました。

      そのことを,出入りしていた大工のKさんがキッチンを設置していた時に尋ねると,次のように話ました。

      「これ(システムキッチン)だきゃ,何年も展示室に放置していたもんだね。新しいものが次々出るはんで,入れ返さねばだめだから,夏のバーゲンだって言って,在庫をはげるようにするわけよ。業者から,ただで来るもんを,客に売っているから,会社は丸儲けだってわけ。」という話を聞きました。なるほど,T氏とI氏の会話はそういう意味かと思いました。

 ・以前アルクで仕事をしていた人から聞いたこと

  「工事が伸びるということは,アルクの常套手段だね。雨だ,天気が悪いとか何とか理由を付けて,工期を伸ばして大工に支払う工賃を『期限を守らなかった。』て(上前を)剥いで,なんぼでも自分たちが儲けるようにするんだね。目にあったじゃ。」という話でした。

 ・アルクI氏から聞いたこと

   本宅での打ち合わせ中に,I氏の携帯が鳴り,一生懸命謝っていました。これから打ち合わせを中断していかなくてはならないというので,どうしたのかと尋ねたら,

   「別のところで工事しているところの隣宅から,クレームが来ていて,外壁にペンキを塗っていたら,隣のうちに飛散して汚れてしまっている。というクレームです。」と聞きました。

   そういうことが,I氏と一緒にいるときに,クレームの電話が入ることが数回ありました。注文通りのものが来ていない,柱ゆがんでるなど小耳にはさみました。

随分クレームの多い会社なんだな,このまま施工させていて大丈夫なんだろうかという印象をもちました。

  ・Kさんの裁判を傍聴して聞いたこと

   平成28年7月21日の日に,同じくアルクとの裁判が始まったことから,同日にあったKさんの裁判を2度傍聴させていただきました。

   その中で,出てきたことは,裁判官もお聞きになっていたことですが

   ①担当者のI氏が嘘ばかりついている。

   ②注文していたトイレと全く違うものを勝手に設置してしまった。

   ③次々に,あそこも悪い,ここも悪いと追加工事をするように仕向ける。

   ④節だらけの木材ばかりを使って,見えないところは最悪の材料ばかりを使っている。

   ⑤工事で出た廃材は放置のままである。

   などです。

   ①から⑤に関しては私にも全く同様に言えることです。

   ①に関しては,私もたくさん嘘をつかれました。一例をあげると廊下まで腐食が及んでいたということです。

   ②に関しては,私の要望と全く違うユニットバスが設置されました。私は防犯上,北側の窓に全部ついている木の柵を風呂場の窓にもつけたいから,押し出してあける窓ではなく,引き戸にしてほしいとの要望を出し,I氏は請け負いました。しかし,風呂場の窓は注文と違うおしだす形のものが勝手に設置されました。そのせいで,外に設置するはずだった格子はつけることができなくなりました。

   ③に関しては,追加工事があげられます。

   ④については,畳,襖,壁材などすべて粗悪なものばかりです。

   ⑤については,本宅も清掃が不備で廃材が残されたままになったものもありました。

 以上のことから,アルクのやっていることは,私の場合だけではないということがよくわかります。そういう会社体質であることの証明です。


by 20170721ikusa | 2018-02-01 20:12

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita