最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 16 )

a0366823_05362487.jpg
7月21日から始まった裁判であるが、昨日相手からの準備書面を受け取った。
そのうち、リフォームの概要を伝えたら、訴状、反訴状、準備書面。証拠書面などはすべて公開する。

こちらの反訴状に対する回答の準備書面2を読んで怒りが収まらなかった。

担当者のI氏はなんと嘘つきなことか。

上司のT氏は施主の面前でも頭ごなしに担当者を怒鳴りつける輩である。
I氏の不手際は、やっていることがやっていることなので、その様子を見てこれは会社に帰ってからも相当やられるのではないかと思って、私はかなりかばって、その場をできるだけもめないようにと配慮してきた。
工事が遅れることはご免こうむりたかったし、工事の途中でぐちゃぐちゃしたくなかった。
準備粗面は、そういったこちらの善意を逆手にとった虚偽だらけの全くひどいものであった。
自分の発言は、知らない覚えがない、やったことは全部人のせい。

今、アルクによって工事をしている人、これからやろうとしている人には、会話はすべてボイスレコーダーを所持するなり、必ず文書交換することをお勧めする。また、できる限り写真にも納めておくべきである。
ほぼすべて見えないところは粗悪な工事で手抜きだらけ、必ず後で揉める。
そういったときに言質や証拠は取っておくべきである。


自分たちにとって不都合なことはすべてあとから知らぬ存ぜぬで通そうとする。
この準備書面は動かぬ証拠である。
私は証人喚問を請求する予定である。
I氏は証人喚問されて、果たして私を目の前にして、迷惑をかけたほかの業者に対して言い逃れできるのであろうか。こうやって自分たちの非を虚偽をもって反論しようとするならば、すべてそれは崩されるとは考えないのであろうか。

こういったリフォーム詐欺を働く会社は、刑事告訴されるべきである。
そうでなければ、さらに被害者が増えるだけである。
廊下の床が腐っているといいながら、カーペットをはぎ、腐っているという建材にそのままシートを張る会社がどこにあるだろうか。それだけでも十分詐欺である。
それだけではない。詐欺を働いたという決定的証拠は、次の記事の壁で述べる。





[PR]
by 20170721ikusa | 2017-12-12 05:35 | Comments(0)
ブログ記事があいてしまった。
前にも書いたように、本当にこのリフォームに直面するととても苦しくなる。
続けて記事を投稿することも、PCに向き合いたくなくてつらくなる。

さて、階段である。
ひどい。ともかくひどい。
初めに断っておくが、この階段はあまりのひどさにやり直してすらこの結果なのである。
段差の間に生じている多くの隙間
(この穴から物が落ちる。)
シートの歪み
シートの切り口の粗雑さ
糊のはみだし
滑り止め金具の下からはみ出し

やり直してこの結果である。
再リフォームのために入った業者もあまりのひどさに絶句していた。
「本当に業者が貼ったんですか?」

全くだ。誰でもそう思う。


a0366823_17234162.jpg

a0366823_17244312.jpg


a0366823_17241987.jpg

a0366823_17250218.jpg

a0366823_17252201.jpg

a0366823_17261557.jpg

a0366823_17265152.jpg

a0366823_17271778.jpg

a0366823_17273824.jpg


a0366823_17275741.jpg




[PR]
by 20170721ikusa | 2017-12-07 05:38 | Comments(0)
10月2日のことである。
我が家には大きな栗の木があり、その日は知人の子供たちも集まり栗拾いをしていた。
うちの中は10月7日に間に合わせるべく、床の張替えの真っ最中だった。
今日は、午前中でできるという。

子供がトイレに入りたいというので、聞いてみた。
「中に入っても大丈夫ですか。」

「完成したから大丈夫です。今日一日は上がれませんが、トイレに行くくらいなら大丈夫ですよ。」
そういわれて、中に入ってうちの中を見て驚いた。

クロスとクロスの継ぎ目が浮いているのである。
子供が持ち上げてみると、

「ねえ、ここに糊が全然ついていないよ。・・・あっ、ここも。ここも。」
a0366823_04131434.jpg

a0366823_04135028.jpg

a0366823_04122083.jpg

a0366823_04114709.jpg

a0366823_04111757.jpg
a0366823_04110060.jpg

a0366823_04104117.jpg


業者がまだ外にいたので呼び止めた。

「ちょっと、待ってください。糊が全くついていない箇所があるんですけれど。それに、ぼこぼこじゃないですか。あれでパテ処理したんですか。」

「糊は今すぐ貼ります。ぼこぼこしているのは乾けば落ち着きますし、あとからローラーをかけて、ワックスを塗りに来ますから。そうしたらまっすぐになります。」

ばつが悪そうに、業者は指摘された糊がついていない箇所に糊を付け、貼りなおしたが、盛り上がってでこぼこしている出来だった。そこはそのまま固まってしまうことになった。
そして、ローラーをかけに来ることも、ワックスを塗りに来ることもなかった。
全くの口から出まかせだったのである。

あまりのひどさに担当者に、

「やり直しをしてください。あれではあんまりではないですか。いつローラーをかけてワックスを塗るんですか。」

そういったら。、担当者は

「はあ、これでだめですか。ローラーやワックスかけるって、業者そんなこと言ったんですか。やりませんよ。不満なこところは直しますけど。」

「それじゃ、業者はその場しのぎの嘘をついたということですか。それに、これで、パテ処理したんですか。テープはいだ後、建材まで剥いでへっこんでいるし、前のカーペット貼っている両面テープはそのままだし。第一、腐っているっていった廊下、なんでそのままの建材使っているんですか。嘘ついたでしょ!」

「・・・・・・。」

「階段なんかみてみなさいよ。切り口ぐちゃぐちゃでしょ。曲がっているし、浮いているし、アルバイトが仕事したんですか!」

階段についてはつぎに書く。

[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-20 04:33 | Comments(0)

歪んてくるキッチンの床

追加工事になった廊下については、後ほど詳しく述べる。
このことを思い返すとPTSD状態になって、怒りが収まらずなかなか文章がうまく伝わらない。
どうすれば、怒りを抑えて事実がうまく伝わるようになるのか、模索中である。
よって、先にキッチンの床から書こうと思う。

キッチンは床の腐食があったので、全面張替えで行った。
天井、壁、床と全面的なリフォームであった。

貼った時は、まっすぐに見えた。
ところが、10日もせずに床がぐにゃりと浮き上がってきた。
a0366823_07461724.jpg


a0366823_07474320.jpg

空気が入り、折れ、まがり、筋がいくつも見られるようになった。
a0366823_07470066.jpg
釘のあとも浮き上がってきている。
a0366823_07530466.jpg
アルク以外の会社の方にこの状態を見せたら、下地が新しいのと古いのを混用しているとのこと。
全面張り替えてはいなかったのである。
しかも
クロス貼りの前の清掃の痕跡なし。
パテ処理なし。


「これなら、曲がったり浮いたりするのが当たり前だ。見えないところだと思って徹底的に手を抜いていますね。こんなひどい工事は見たことがない。」

お分かりだろうか。
キッチンの床でこうなのだから、廊下や、ホールや、階段は推して知るべしなのである。

[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-18 07:59 | Comments(0)

仕掛けられた床の張替え

我が家の廊下、階段はカーペットを貼っていて、そこは手を付けないことになっていた。
a0366823_05413160.jpg
しかし、ユニットバスを設置するころになって、担当者からこういわれた。
「お風呂の腐食が、廊下までに達していてそこ(床板)も張替えなきゃいけません。カーペット剥いでいいですか。」

「そうなんですか、でも、カーペットは張り替えないからめくってください。」

「了解です。」

ところが、夜に行ってみると、2メートルにわたりカーペットはぐちゃぐちゃに切り取られていた。
もはやこれでは、戻したところでかっこ悪くてしょうがない。
いったいどこが腐っていたんだろう?みても腐食は見当たらない。

担当者にすぐに尋ねた。
「なんで、切ってしまったんですか。」

「あれ、そうでしたっけ。やっちゃいました。」

「このままじゃ、かっこ悪くてみすぼらしくなってしまったじゃないですか。」

「張替え、50万円くらいでできますよ。」

「って、張り替えざるを得ないでしょう。こうなってしまったら。ここをやったら、階段も2階もすべて張替えですよね。それをやって工事が間に合うんですか?」

「余裕で間に合いますよ。2日あればできますから。キッチンのついでにできます。」


しかしこれは真っ赤なウソだった。リフォームの追加をさせるための手口だったのである。

腐食はなかったのだ。
その証拠は、順次述べていく。

明らかなリフォーム詐欺の手口である。
こうやって、次々と工事の追加をさせるのがアルクの手口である。



[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-16 05:43 | Comments(0)

深夜までの掃除

担当者に
「ほかのところもできた後で、また清掃屋さんが来るんですか。」

「いいえ、清掃はこれで完了です。」

「完了って、普通自分たちが汚したところは全部きれいにして引き渡すのが当たり前でしょう。外のごみの山はどうするんですか。」

6時過ぎに、常務が来て、現場を一巡して清掃屋さんに電話をした。
「申し訳ありません。これは本社での引き渡しではありえないことです。すぐに清掃業者を呼び戻します。」
「ともかくすぐこい。」

そうして、担当者を怒鳴りつけた。
「おまえは何をやっているんだ。ここをちゃんとしてから帰ってこい。」
そういって、担当者を残して帰っていった。

それから水道屋さんもきた。

水道屋さんがつぶやいた。

「施主さん、こんなひどい現場は初めて見ました。よく我慢していますね。ありえないですよ。」

事実、前の記事でも書いたように、掃除を午前中に済ませたとはいうものの、掃除をしたと感じられるもは、飛びちった壁土を落とした窓くらい。
あとはどこもかしこも、改築のために出た壁土の埃とおがくずだらけである。

普通、マスキングをして作業するはずなのに、

a0366823_05274826.jpg

この塗装屋はほとんどそういうことをせず、リフォームの不必要なところのものまで次々と汚しては、やり直しを繰り返していた。
塗装屋、クロス屋についてはリフォーム詐欺につながるので、じっくり時間をとって一つずつ裁判と絡めながら書きたいと思う。

8時過ぎに清掃屋が来て、再度全部掃除をやり直し始めた。

巻き散ったおがくずの量は相当なもので、
「こんなに目に見えてきたないのにどうして掃除をしなかったのか。」
と尋ねたら、清掃屋さんは担当者に言われたそうである。

「担当者にキッチンだけやればいいと聞いていたので。」

冗談じゃない、うち中リフォームしたのに。キッチンだけ清掃って・・・・・
水道屋さんと清掃屋さんは、それから12時半までずっと清掃や家具の移動を手伝ってくれた。
宅配ピザを頼んで、夜食を出した。

水道屋さんは
「施主さんくらい、現場の人に気を使ってくれる人はなかなかいないですよ。冷蔵庫にはいつも4種類以上缶ジュースやコーヒードリンクなどの飲み物が準備されていたし、こびりのお菓子も欠かさない。今はそれも工事費に入っているからと準備してくれないほうが多いんですよ。」
と話してくれた。
水道屋さんは、うちに出入りしていた業者の中で唯一感じのいい人で、本当に一生懸命手伝ってくれた。

遅くまで働いてくれたので、感謝の気落ちもこめて一人ずつにワインを渡した。出入りした業者には、みんなに作業が終わるとき、ワインを一びんずつ渡したけれど、塗装屋と大工とクロス屋にはやらなきゃよかった。

本当にそう思うほど、水道屋さんがあきれた壁と床のクロスなのである。
12時半で、みんなが帰った後、一人で2時半まで片づけた。
明日は妹夫婦がくる。泊まれるようになるにはまだまだ程遠かった。


[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-15 05:51 | Comments(0)

引き渡し日

a0366823_04533426.jpg
工事は、本来9月1日から始められるはずだった。
ところが、何の理由の説明もなく、「9月5日から始めますから。」という担当者の言葉だった。
しかし、工事がはじめられたのは9月7日から。

不安になって担当者に尋ねた。
「10月の3連休には引っ越すんです。そのときにしか私は時間が取れません。転居の時は妹夫婦も手伝いに来てくれます。みんなの日程があうのはそこしかないので大丈夫ですか。」

「余裕で間に合いますよ。9月いっぱいにはできます。」
しかしこの言葉は真っ赤なウソだったのである。

だらだら工事は伸びに伸び、
キッチンのガスの穴
ふすまの貼り忘れ
塗装屋が新たにふすまを台無しにして張り直し
同じく塗装屋が床の間を水浸しにしてやり直し
階段のクロスはりがぐちゃぐちゃで下地からやり直し
腐食が廊下まで及んでいるといって廊下のクロス針の追加(真っ赤なウソ)

10月2日は、本来は9月30日には工事が終わっているはずで、リサイクル業者が来て不要家具など引き取る手はずになっていた。
ところがその時にクロス貼りをしていたのでそれも延期になってしまっていた。
不安を覚えて担当者に言った。
「三連休にいは引っ越しをするんです。東京から家族も来ます。これでは止まることもできないじゃないですか。」

「えーっ、なんでその時来なくちゃならないんですか。なんで家族なんか呼ぶんですか。」

「前から、そのときに引っ越すと言っていたでしょ。大家さんにもそう言っているし。でなくちゃならないんだもの。大体9月30日にはできているって言ったはずでしょ。余裕見て10月7日引き渡しですよね。間に合いますか、本当に。伸びると困るんです。全部それで段取りしているんですもの。」

「間に合いますよ。大丈夫です。」

そして迎えた三連休前の10月7日。

「工事終わりました。最終の掃除が午前中入りますから。家具の移動も終わります。」
夕方17時に家に行ってみて驚いた。


家具の移動は済んでいないどころか、家じゅうゴミだらけである。
廊下も、階段も、玄関もごみが散乱している。
工事で出たごみも外に散乱している。

「一体どういうことですか。これ済んだっていうの。」

それに対し、担当者の言葉。

「家具の移動とか、夜の8時過ぎに水道屋さんが来ますから沿いs多羅手伝ってもらってやろうかと。」

「はあ。掃除はぁ。これでおわりですか。ごみだらけじゃないですか。」
a0366823_04524673.jpg

「掃除は1回入ったので終わりです。もうないです。」

「巻き上がったおがくずも鉋屑もそのままじゃないですか。出たごみも散乱しているしどこが終わったんですか。どこをやったっていうんですか。ひどすぎる。」
a0366823_04521517.jpg

話にならないので、会社に電話した。
「これで引き渡しですか。掃除をやった気配もない。さっさと見に来てください。あんまりだ。」

6時過ぎに常務がきた。

「すぐ掃除を入れます。でも8時過ぎになります。」
ここから延々1時まで一緒に掃除をする羽目になるのである。
a0366823_04384286.jpg
この日は、とりあえずキッチンと和室だけしかできていなかった。
妹夫婦が泊まるためにそこだけは間に合わせてもらっただけである。
完成したには程遠い状態だった。
明らかに工期は伸びてしまうし、引っ越しはいつできるかわからなかった。

[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-13 04:54 | Comments(0)
アルクの最悪なのは、そのいい加減さにある。
キッチンに新しいシステムキッチンを入れ、それにガスを取り付ける際、我が家で頼んでいるM産業から「取付設置は当社でやります。」とアルクに申し入れしたのだ。
でも、アルクはうちでやるからいいとキッチンを取り付けたのである。

ところが、なぜか設置したはずなのにまた取り外している。
a0366823_14422112.jpg
何でそういうことになったかといえば、M産業の怒りの電話でその理由が分かった。
ちなみに、M産業はアルクの下請けではない。
我が家でガスや電気ストーブなど母の代からいろいろ頼んでいる会社である。

「驚きますよ。ガスの穴が開いていないんですよ。それで、うちでやると言ったら、再度自分たちでやると。ところが今度は、穴がずれていて話にも何にもならないんですよ。だから最初からうちでやるといったのに。」

M産業を怒らせたのはこれだけでない。
うちにはストーブがキッチンと玄関の2か所ついていたが、それも取り外しと設置はM産業でやるといったのに、アルクでやるからとやってしまったのである。それならば責任をもってやればいいのだが、またまたM産業から私に電話が来た。
a0366823_14424320.jpg

「ストーブ設置してくれというから、設置しに来たんですが、ものすごい煙が出てきて、なんと煙突が捨てられているんですよ。だからうちでやるといったのに。しかも捨てたのはアルクなのに、うちにおたくでなんとかしてくれないかっていうんですよ。補償すべきはアルクなのに。」


結局、アルクは何にも知らんぷりでM産業さんが、新たにストーブの煙突を設置してくれた。
キッチンといい、ストーブといい他の会社にも多大な迷惑をかけているのがアルクである。


[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-12 14:54 | Comments(0)

ゴミ箱にされたトイレ

リフォームが終わった後、トイレの流れがとても悪くなっていた。
そして、いつも流すときに下に真っ黒な塊があってそれが流れない。
何かが沈んでいるのだ。
手を入れ、それを引き上げてみたら、なんとカッターの刃だった。
a0366823_05580352.jpg
嫌な予感がして、業者さんを呼んでみた。
出てくる。出てくる。
中に詰まっていたものは、クロスのきれっぱし。はがしたカーペットの繊維・・・

トイレをゴミ箱代わりに流していたのだ。
トイレにこびりついていた真っ黒な塊は、カッターの刃の錆だった。
いくら磨いても磨いても、トイレの底は変色していまだ錆のかたが残っている。
a0366823_05582078.jpg

再工事のための話し合いをしたとき、それを担当者と常務に伝えたら、初めて小さな声で

「お怪我はありませんでしたか。」

と答えた。
つまりはほかの業者で解消したものの、トイレのあとは1年以上もたってもいまだにこの状態である。

アルクの下請けをしている業者には、
職人としてのプライドも責任もみじんも感じられない。
それは、このクロス屋が、特に最悪だった、いや塗装屋もか。
アルバイトでやりましたかといった実態は次に述べる。
仕事の内容もさることながら、まさにリフォーム詐欺とはこういうことではないのか。
クロスや壁は広範囲であるので、その被害もまた甚大であるのだ。


[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-10 06:09 | Comments(0)

落ちてきた鏡

今回のリフォームは、キッチンの床の張替え、システムキッチンの入れ替え、風呂、洗面所、トイレなどの水回りが主であった。
その、ユニットバスである。
後日、経緯は説明するとして、2017年10月8日、ユニットバスは数日前に設置済みであったので、3連休に来ていた家族が入浴をした。
家族が帰宅し、次の日9日、使用した風呂を洗っていた時である。
鏡を拭いていたら、いきなり

鏡が外れて倒れてきた。

そう、鏡が止まっていなかったのである。
a0366823_02024920.jpg
上のねじが止められていなかったのだ。

家族が入浴しているときに、もし落ちてきたら大けがにつながるところであった。
すぐにまた、担当者に連絡をしたら、消え入るような声で

「いやあ、どうなんでしょう。設置した業者がどうやったのか・・・(しどろもどろ)
 すぐ連絡しますけれども…・うちではわからないことです。」

「って、現場監督でしょう。設置後全部確認しなかったんですか。設置は終わりました。使えるって言ったじゃないですか。大けがしたらどう責任とるつもりだったんですか。無責任ですよ。」

「・・・・・」

次の日には、止めに来たが、ありえないことだった。
これに引き続き、トイレもあきれたことになるのである。

追記はmoreで。


More
[PR]
by 20170721ikusa | 2017-11-09 02:21 | Comments(0)

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita