最悪リフォーム許さないーアルクの悪を暴く

vita0721.exblog.jp
ブログトップ

求釈明書はまだ届かない。

裁判所がアルクに命じた求釈明書の提出期限は2月7日だったので、早ければ九日、遅くても本日届くのではないかと思っている。
廊下のカーペットの剥ぎ取りに関しては、言い逃れできない。
I氏から私へのメールにはっきりとその騙した文言が残っているからだ。
しかも、このメールはアルク自身が出した証拠である。
私とアルクの関係が良好だったことの証明のようだが、自らの悪行をもさらしてしまった。
釈明書は届きしたいアップしたいと思う。
それによって、準備書面も推敲しなくてはならないかもしれない。
この釈明書と、双方の準備書面をうけて、次の審理では裁判の大きな方向性が示されるはずである。次回裁判は3月7日、準備書面の提出期限は2月28日である。
a0366823_08363357.jpg



[PR]
by 20170721ikusa | 2018-02-12 08:44 | Comments(0)

母の遺産を受けついでで新生活を始めるべく、弘前市大手のリフォーム会社アルクに依頼したところ我が家がとんでもないことになってしまった。それでも会社は代金を支払えと裁判を起こした。悪徳業者の実態を白日の下にさらし徹底的に戦うブログ


by vita